我々不動産業界も変わりました。

先日、ご来店頂いた不動産買取業者の営業マンの方のお話・・・
 我々の業界で客付の業者、いわゆる仲介物件に一般のお客様を付けるといった専門の業者が減った・・・
要するに仲介物件をお預かりしても取敢えず買取業者に紹介し成約する・・・簡単に言って業者商売です。
 不動産業者が買取する場合、売主の瑕疵担保責任なし、融資特約なしで契約する事が通例となっております。
ま~住宅販売の仲介営業マンにとっては相手がプロという事もあり、話が早いし、楽といえば楽です。
 しかし、前述の特約等をなしで契約すると、後々想像もしないトラブルになるケースもある事を理解していなければ
なりません。殆どの買取業者は、転売用で保有する事は少ないです。転売するという事になれば、例えば中古住宅の
場合ですと仕入れの原価計算、リフォーム工事の費用や必要経費の計算、
利益がいくら位か…etcetc
 ま~殆どの場合、『この地域の相場や売買事例など』から逆算して買付します。

 でも、物件を持ち込む業者がその出口戦略を全く立てずに、リフォームしていくら位で再販売できるのか・・・理解せずに情報を
持ち込む業者が多い事…何で把握できていないのか?それは先述した客付を得意とする業者が少なくなっている事が考えられ
ます。
 私が営業マンであった時代は、買取業者に情報を入れる前にある程度の原価計算して、現在、物件をお探しのお客様の状況
やニーズを
見て、『これなら!!!!』と思う物件を買取業者に紹介して成約!又、再販売においても売却できるまで責任を持ち販売する。
 最近の状況は何でか?って考えると結局、お客様のニーズを把握していない仲介の営業マン、客付が出来ない営業マンが多いという事
しょうね~  
私共、神戸ライフプランニングも初心に戻り、客付もしっかり出来る不動産業者として改めて頑張っていこうと思いました。