プロとして・・・

 私は、プロの仲介業者として売主、買主の言い分を整理して常に中立の立場で交渉を進めてまいります。
 どちらか一方を有利に進めていくと、途中で話がおかしくなって、トラブルになってしまうと考えます。
 もちろん、その部分を明記したものが重要事項説明書であったり、売買契約書です。それに従って双方が契約
の履行に着手し、取引を進めて行く事は当然の事で、契約違反をすれば違約となり手付金放棄や倍返し、又、
違約金の定めが有る場合その違約金を支払って解除します。
 それは契約書を取交した以上、当然の事で売主
にとっても買主にとってもどちらが有利、不利と言った内容では
ありません。


 私共では全国宅地建物取引業協会の制定約款の契約書類を使用しておりますが、契約条項の中にはかなり
抽象的に記載されている内容もあります。時々、これで良いのか?と考える事もあります。

 契約条項の一文に協議事項と言うものがあります。
『この契約に定めがない事項、又は解釈上疑義を生じた事項については、民法その他関係法規、不動産取引の
慣行に従い、売主買主が誠意を持って協議し定めるものとする』

 例えば、融資利用の特約が付されていないとします。(買主がプロの場合は良く有ります。) 当然、契約前に買
とは打合せを行いますよね!
 『いや、ウチは現金で決済するから・・・』とか『事業資金で取引金融機関の融資の話
が出来ているからそれを受け
て決済するから、融資特約は要らないよ!』そういう契約があったとします。

 決済期日
はその場合、直ぐに引き渡せる物件であっても万が一の事を考え契約後から若干長く取ったりします。
 しかし、決済期日が近づき現金が揃わない・・・又は融資を予定していた金融機関からまさかの融資断り返答が
何等かの事情でその万が一が起こったとします。
 融資特約を付されていませんので期日までには現金を用意するか、
別の取引銀行で融資の再申込をし直すしか
残された道は買主にはありません。

 手付解除の期限を定めていた場合は、定めた期日までは手付放棄、その期日以降であれば完全違約となります。
もう数日後に迫った決済期日・・・『プロなら何とか現金を用意せんかい!!』
とか『別の金融機関で期日に決済できるようにせんかい!!』という
意見も有るでしょう!

 でも仲介業者として穏便にするのであれば決済期日の延長を売主に交渉する方法が一番と
考えますが、決済でき
るかどうか微妙な場合、売主が承諾しないケースもありますよね!

 その場合、仲介業者としては売主を何とか説得する事当たり前!それが契約書に記載されているのが先程の一文で
不動産取引の慣行に従い・・・って事ですよね!
 その事を全く解っていない売主側の仲介業者と売主・・・
それと、金融機関!融資の申込には重要事項説明書と
売買契約書の原本を必ず提示するでしょ?
そこには当然、決済期日と言うものが書かれてあるでしょ?せめて融資
承認だけでもその期日までに出してもらわ
ないとアカンでしょ!!

 結局、買主の取引銀行の担当は上席の責にし、上席は本部の責任と場合によれば仲介業者の責任にします。

 自分たちの保身の為か?人間としてそれってどうやねん!

 
って思いますよね~

 我々は成功報酬です。でも媒介契約を締結している限り、どちらか一方よりの契約解除になった場合も仲介手数
料は支払わなければならない・・・となっておりますが、一限のお客様でなければ今後の事も有るので、あえて請求しな
い事
が多いと思いますが・・・
納得いかないのが、私の顔を見て、『色々と動いてもらって有難う・・・』とか『申し訳ない・・・』とか売主も買主もその一
が有っても良いんじゃ無いですかね~  その一言で持つ印象が変わるのにね~

 永年、お付き合いをさせて頂いてた会社やのに・・・残念でなりません。
  
 人は誰もが自分自身の事しか考えていない・・・そんな気がします。世知辛い世の中やね~~~


 人のフリみて我がフリ直せ・・・では無いですが、プロとして一人の人間として筋を通していこうと私は思います。