年末になるとこの手の話が多い?

 早いもので、12月もそろそろ中旬・・・
 ここに来て買取物件の話が多い・・・例年もそうですが、年内に決済したいとか、換金したいからとか・・・
でも、こちらも銀行から融資を受ける関係上、直ぐの返事はできません。
 営業マンの気持ちは分かるけど、ある意味、契約を急ぐ相手は、私の経験上、手付金を払うのが
昔から何と無く怖い・・・

 私がこの業界に入ったのが昭和61年の1月です。分譲住宅を専門に施工販売している会社でした。
 私が入社する前の年の12月末に建築の中間金を下請工務店が急いでいたらしく払っていたのだが、
そのまた下請け(ウチからみて孫請け)の職人には支払がされておらず、正月明け早々、職人が会社に
ものすごい形相で『ど~っ』と押し寄せて来て大変なトラブルに発展した事を今でも覚えています。
 私の業界での初仕事が、その工務店任せていた建築中の現場に朝から夕方まで張り付いて来る人来る人に
お名前を聞く仕事でした。右も左も分からない若造が来る職人さんやメーカーさんに名刺を頂戴したり、
連絡先を伺ったり・・・糞カスに怒鳴られる事もありました。
 結局その下請けの工務店はウチからもらったお金を孫請けの職人の方々に支払わず夜逃げしたみたいでした。
当時は訳が分かりませんでした。今思えば懐かしいですが・・・
 
 不動産の売買でも同じことが考えれます。売主が手付金を持って逃げる・・・また、持ち回り契約で担当の
営業マンが買主から預かった手付金を持ち逃げするetcetc・・・業界歴が長いと最悪の事を想定して色んな
ことを考えます。
 最近、持ち回りの契約がまかり通っておりますが、この時期に限らず常に危ない気がしますね!
 年末年始で、長期のお休みに入りますので、特に注意しなければなりません。
 仲介案件でも、買取案件でも・・・

平成30年12月13日