流れるように流れれば全て上手くいく!大事なのは『ほう・れん・そう』!

商談、案件・・・
 不動産の売買仲介でも自社の買取案件でも、契約事や商談は不思議と最初に躓くと上手くいかない!

 先々月から自社買取案件において数件、買付証明書を出しても出しても何の返事も無い・・・・
仲介業者が悪いのか?

それとも所有者がいい加減なのか?
 良く解らないが何の報告も連絡も相談も無いのはどうなっているのか??と思います。

 そうかと思えば、流れるようにスイスイ進む案件もあります。
 そのような案件は後々もトラブル無く、売主、買主とも
取引が終了するとお互いに笑顔で『有難うございました。』
で終了し、その後もそのお客様とは末永くお付き合いをさせていただけるものです。

 ところが最初に躓く案件は何かしらのトラブルや取引が終了してもいがみ合ったりする事も多いもんです。
 歯車の狂い、スイッチの掛け違い・・・
 人間関係や人生もそんなもんかも知れませんね。

 私が思うに、多分営業マンの『ほう・れん・そう』が出来ていないからのように思います。
人間関係もそうでしょう! 
人生も、そうでしょう!

 親子でも、会社でも、得意先にも、人として社会人として『報告・連絡・相談』はヤッパ大事ですね!
それで相手は安心するもんですからね~