ホンマかいな~?調子の良い不動産の営業マン?

 たまたま事務所に一人で居ると来店した某買取業者の営業マンの話・・・
元気良く、入口のドアを開け、

『こんにちは!○○不動産の▲△と申します。
本日は弊社売主の販売物件の資料をお持ちしました。』と・・・

元気があって良いな~!なんて思い、たまたま手も空いていたのである意味暇つぶしに話をした。
差し出した物件資料を見るとチョッと興味があったので、色々物件の質問をした。で最後に

『この物件って値段交渉できますか?一度私共のお客様にご紹介してみますけど・・・』

と尋ねると、

『できますよ!!!任せてください。私が思うにこの物件XXXXX万円なら妥当と思います。
その金額なら上を説得します。』とその営業マン・・・

『おいおい、君、簡単にそんな事言っていいの?万が一その金額でウチがホンマに買付け出したら・・・説得できる???それか、この金額をすでに上司の責任のある方と話が付いてるの?』と私・・・

どうも信憑性にかけるな~(笑)

『いえ、上司は価格の事は言いません。この物件は仕入れから私が担当してますので、直属の上司が首を縦に振らなければ、東京の本社まで行って本社の決裁をもらってきます。』とその営業マン。

『ふ~ん・・・君、見た感じ未だ若い観たいやけどこの仕事いつからしてるの?』と私・・・

『今年からです。』・・・・・・・と営業マン

『????失礼ながら入社して数ヶ月の人間の言う事を会社の偉いさんが聞くかな~?君のガッツは買うけどね!』と私・・・

ま~元気があるのはいい事やけど、チョッと調子も良すぎるよな~(笑)でもこの調子の良さが若い不動産の営業マンには要るのかも?

未だ、私が若手の時代に同じような営業マンが居た。今はその方も大社長となられています。
何と無くですが、10年くらい経験を積むと凄い営業マンになってそうな気がしました。ホンマに何と無くですが・・・(笑)

平成30年7月13日